政治ドットコム内閣その他の職務
その他の職務とは

内閣を構成する国務大臣には2つのタイプがあり

・国の役所(警察など)を管理する国務大臣
・特命大臣

に分けられます。

この特務大臣は具体的に何人必要と決まってはいませんが

・消費者と食品の安全を担当する特務大臣
・金融の担当である特務大臣
・沖縄や北方領土の問題を担当する大臣

の3つの特務大臣はどんな内閣であっても必ず設置されることになっています。

このように内閣総理大臣以外の国務大臣にも様々な職務があります。

ここでは内閣における総理大臣以外の国務大臣の職務について解説しています。

その他の職務に関する記事

省庁とは?1府11省1庁(1府12省庁)について簡単解説

「省庁とは何か?」と聞かれても、漠然としていて答えられない人は多いかもしれません。 日本には1府11省1庁(1府11省2庁、1府12省庁とされる場合もあります)の「省庁」があり、それぞれに持つ役割や規模によって名称が分けられています。 どの省庁も私たちの生活に密接に関係しているので、この...

厚生労働省とは?具体的な業務を簡単解説

最近新型コロナの影響で、厚生労働省という言葉を耳にする機会も多いですよね。厚生労働省とは、国民の生活の向上を目指し、医療や食品の安全性から雇用や社会保障、年金制度まで幅広い分野を扱う機関です。 けれど、なんとなくのイメージだけで具体的に自分にどう影響があるのかわからないという人も多いでしょう。...

官房長官とは|官房長官になるにはどうすればいい?

官房長官とは、内閣総理大臣の下で「日本の政治のナンバー2」の仕事をしている人です。 内閣総理大臣の側近集団である「内閣官房」という組織のトップの役職で、緊急事態時には総理大臣の仕事を代行することもあります。 政治的にも人間関係的にも総理と近い「右腕」のような人が官房長官に任命され、首相官邸にも出...