政治ドットコム政治用語建国記念日とは?起源や制定の由来について簡単解説

建国記念日とは?起源や制定の由来について簡単解説

投稿日2021.4.2
最終更新日2021.03.29
この記事の監修者
山口和史
20年にわたって法律、税務、経営等の業界専門誌の編集長を歴任。
2020年から政治ドットコムの理念「政治をもっと身近に。」を実現するため、編集長に就任。
独自の視点と切り口で、政治にまつわる最新情報を発信する。

建国記念日とは建国を記念する日であり、日本では、2月11日を「建国記念の日」と定め、国民の祝日としています。

 この記事では、

  • 建国記念日の概要
  • 日本における「建国記念の日」の起源
  • 制定されるまでの経緯

などについて詳しく説明していきます。
本記事がお役に立てば幸いです。 

1、建国記念日とは

建国記念の日
建国記念日とは、「建国を記念する日(祝日)」のことです。
建国記念日を祝日とする国は多くありますが、何をもって建国の日付とするかは、その国家により異なっています。

 例えば、アメリカは1776年7月4日に大陸会議にて、アメリカ独立宣言が採択された「独立記念日」が建国記念日に当たります。

「独立記念日」に限らず、

  • 「憲法記念日」
  • 「革命記念日」
  • 「統一記念日」
  • 「政府樹立日」

などを建国記念日とする国もあります。
また、建国記念日にパレードが開催される国もあります。

例えば、フランスの建国記念日は7月14日で、この日には毎年シャンゼリゼ大通りで軍事パレードが行われ、夜にはエッフェル塔をバックに花火が打ち上げられるなど、一大イベントとして親しまれています。

日本で建国を祝う祝日は、「建国記念の日」と呼ばれています。
日本の「建国記念の日」の由来等について、以下で詳しく説明していきます。

2、日本の「建国記念の日」について

日本では、「初代天皇が即位したとされる日」を建国記念の日としています。
独立記念日や革命記念日を建国記念日とする諸外国と比べて、珍しい起源かもしれません。

日本では実際の建国日が明確ではないため、建国神話をもとに定められました。

日本神話において初代天皇とされる「神武天皇の即位日(紀元前660年1月1日)」を新暦に換算した日が、2月11日であたるため、この日を「建国記念の日」としています。

国民の祝日に関する法律(祝日法)第2条は、建国記念の日を以下のように規定しています。

「政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。」

引用:国民の祝日に関する法律

この規定に基づき、佐藤内閣が「建国記念の日となる日を定める政令」(昭和41年政令第376号)を定め、「建国記念の日は、二月十一日」となりました。 

日本でも2月11日には、建国奉祝のイベントが開催されています。

各地の神社仏閣(神道神社・仏教寺院)にて「建国祭」などの祭りが行われますので、是非近隣のイベントを調べてみてください。  

3、いつ建国記念の日が定められたのか

建国記念の日
「建国記念の日」は、1966年6月25日の祝日法改正により、国民の祝日に加えられました。

同年12月9日に公布・施行され、翌年2月11日から適用されました。
実は、明治時代にも神武天皇の即位日を祝う「紀元節」という祝日が存在していました。

当初は1月29日を神武天皇の即位日として祝日に定めていましたが、1874年に2月11日を紀元節として定めました。

天皇を中心とした統一国家の建設を進める明治政府にとって、起源節は重要な日であり、国民の間でも2月11日は、建国を祝う日として広く定着していたのです。

しかし、この紀元節は、1948年に廃止されます。
なぜ明治時代に定められた「紀元節」は廃止され、その後「建国記念の日」として復活することになったのでしょうか。

その沿革を以下で説明していきます。

4、紀元節から建国記念の日へ 

戦後占領軍(GHQ)の意向によって、日本の文化から国家神道を排除し、政教分離を徹底しようとする過程で「紀元節」は1948年に廃止されました。

紀元節は、天皇を神聖視する国家神道を支えていると考えられたためです。 

しかし、日本が独立を回復した1952年から「紀元節」の復活運動が起きました。

建国記念日の設置を定める法案は、9回にも渡る提出・廃案を経て1966年にようやく、「建国記念の日」として復活します。

建国記念の日を紀元節と同様の2月11日にするのか、それとも他の日にするのかに関しても議論があり、

  • 日本国憲法が施行された5月3日(憲法記念日)
  • サンフランシスコ講和条約を発効した4月28日
  • 聖徳太子が十七条憲法を制定したとされる4月3日

などが建国記念日の候補として提案されていました。
その後、各界の有識者から組織される審議会の諮問のもと、2月11日となったのです。

まとめ

この記事では、日本の「建国記念の日」に関して、その内容や由来をご紹介しました。
建国記念の日には、日本の歴史について改めて調べてみるのもいいかもしれませんね。