政治ドットコム日本国憲法
日本国憲法とは

日本国憲法とは国民の基本的人権を保護するために、強大な国家権力を拘束し「これはしてはいけない」、「これをやらなくてはいけない」という国の義務や禁止事項を定めたものです。

この様な憲法が国の決まりを作り、それに従って政治が行われることを立憲主義と呼びます。そのため憲法は法律よりも強く、憲法に違反する法は制定できません。また、法律とは異なり、憲法を改正する際には様々な手順(国民投票など)を踏まなくてはなりません。

よって憲法を変更することは容易ではないのです。しかし、昨今憲法改正の議論が持ち上がっています。背景には日本を取り巻く周辺国との緊張感の高まりなどが挙げられ、連日テレビのニュースなどで取り上げられています。

憲法が改正されることになった場合には我々市民の国民投票を行い、是非が問われるため、他人事では済みません。ここでは憲法についてこれは知っておくべきという情報をお届け致します。

日本国憲法に関する記事

教育を受ける権利とは?外国人の権利や教育権の所在について簡単解説

教育を受ける権利とは、「国民が国家に対して教育に関する制度を整えるよう要求する権利」のことをいいます。 日本国憲法では第26条で保障されている権利です。 しかしこれだけでは具体的に何を保証する権利なのかイメージしづらいでしょう。 そこで今回は「教育を受ける権利」についてより詳しく解説し...

公共の福祉とは?人権が制限されるパターン3つ

憲法や基本的人権を理解するときに「公共の福祉」に関する知識は欠かせません。 公共の福祉とはいわば「一人一人の利益のためにバランスを取ること」であり、公共の福祉のために、基本的人権が制限されることがあります。 人々が好き勝手に自分の基本的人権を主張すれば別の人の人権との衝突が起こり、社会が混乱...